相手が求めているもの

援交募集アプリで忘れがちになってしまうことですが、それは画面の向こうにいる相手も、立派な一人の人間だということです。

あくまで人間を相手にするわけですから、実生活の中で誰かと出会い、恋愛関係に発展するために交流によって気を引こうとする、それと行うことはまったく同じです。

ネット上ではその感覚は薄れてしまいがちかもしれませんが、それによって相手に不快感を与えるような行動をとってしまい、それがためになかなか出会えることができない、という現実に陥っているような人も多いかもしれませんね。

セックスをするために援交募集アプリを使っているのですから、そのためにどのようにして相手を誘導するのかということを考えてみてください。
セックス、つまりまずは実際に出会って見なければ何もできないということです。

出会うためには、援交募集アプリ上で連絡を取り合い交流をすることが必要に成りますし、その交流はメールによって行われます。
ですから、メール上でのやりとりの駆け引き、ここにもテクニックが求められるということです。

そのテクニックとして、メールのタイミングをコントロールするというものがあります。毎日メールを送るということは大前提です。
それによって相手にうっとうしく思われる可能性もあるかもしれませんが、ないよりはマシだと思います。

そこで、相手が自分に興味を持ってくれていると確信ができた段階で、一度メールを切ってみるのです。そうすることにより、相手は自分のことが心配になります。

その時間が、出会いという次の段階へ至るための重要な時間になるのです。

そのような相手の心情を操作するような技術も、援交募集アプリでは求められるといえるでしょうね。その先に待っているものはセックスですから、目的をはっきりと見定めた上で、もうちょっとがんばってみましょう。